しらす、阻む


鍋敷きの上のしらす

猫団子が落ちています。

今日も鍋の後のホカホカ鍋敷きに鎮座しております。
(「鍋のシメは猫団子」参照)

貫禄のある姿に、何か御利益がありそうな気がしてきました。

鍋敷きの上のしらす

「何?」

そこ、暖かいですか?

「まあね」

ちょっと眠いしらす。
目が半分閉じています。

上から見たしらす

上から見てみました。
鍋敷きをホールドしているのがよく分かります。

ところで、しらすに言いたい事があるのですが。

「何?」

鍋敷きの上のしらす

しらすに阻まれて、テレビが全く見えません。

「…僕を見れるから、いいじゃない」

いつでも皆の視界の真ん中にいたい、しらすです。


しらす日記目次に戻る

Copyright (c) misutan. All Rights Reserved.


inserted by FC2 system