稲刈りの仕方


次の田んぼへ

移動して、次の田んぼにやってきました。
ここは、田んぼの前の道があまり広くありません。

稲刈りシーズンという、1年の中で数回しかない田んぼ混雑の時期。
車がすれ違えないのは、他の皆様にご迷惑をおかけします。

広い道で待つ、トラクター達

ということで、トラクター&トレーラーと、人間移動用の車は少し離れた広い道に置いておきます。

コンバインがトレーラーから降り、田んぼに来るまでの時間。
我ら2軍には、大切な役目があります。

そう、「四隅を刈る」事です。
(「稲刈りの前に」参照)
ということで、手前は父に任せて田んぼの奥に歩いていきます。

田んぼの一番奥からの風景

…遠いんですけど。

到着した時には、コンバインが田んぼに到着済み。
父が既に手前の稲を手刈りしています。
今更ながら、田んぼの長さ(奥行き?)にびっくりです。

その分、コンバインがこちらに来るまではまだ時間があります。

四隅を刈ります

さあ、刈りましょう。

その前に、「稲刈りなんてしたことないわ」という人の為に、
手刈りの作法(?)をお教えしましょう。

稲を手に持ちます

まず、稲を持ちます。

鎌を効き手で持つので、必然的にその反対の手で持ちます。
持ち方は、写真のような逆手(勝手に名付けました)がお勧めです。
1株刈ったら、そのまま次の株へと移動し、軽く3〜4束待つ事になるからです。

ちなみに、3〜4束は、私やみすたん。
父は一度に5束は軽く持てます。
慣れと手の大きさがものを言う世界です。

「体験稲刈り」のように、作業効率よりも楽しむ事がメインならば、
順手(勝手に名付けました)で問題ありません。

鎌を稲に当てます

次に、鎌を稲に当てます。

切るのは、大体土から15cmくらいの所です。
泥で稲が汚れているなら、もう少し上を切ります。

長さは、コンバインに食べさせるのならあまり気にしなくて構いません。
はせがけ(「稲刈り」参照)にするのなら、バラバラだと後が大変なので揃えた方がいいと思います。

刈ります

刈ります。
鎌を引く感じで、1回で1株を刈ります。

株を持つ・刈る・次の株を持つ・刈るを繰り返し、
手の限界まで持った稲を田んぼの外に置いておきます。

こんな撮影会をしていたら、コンバインが動き出しました。
私も四隅刈りに参加です。

農家の娘の底力を、発揮する時です!


「お米の話」目次に戻る

Copyright (c) misutan. All Rights Reserved.

あしあと inserted by FC2 system