09 首輪の安全対策


名称

首輪の安全対策 (負荷で外れるバックル)

製作理由

好みの首輪に負荷でバックルが外れる機能がなかったので

利点

・好みの首輪を使える
・猫の体格や力に合わせて調整できる

欠点

・削って調整するので、元には戻しにくい

材料

・プラスチック製バックルの付いている猫用首輪
・ヤスリ

作り方

三つ又になっているバックルの先端
バックルの左右の突起の外側を削る
1、バックルの左右の突起の外側を、上の写真の赤い斜線のように削っていきます。
  少し削っては、バックルをはめて引っ張ってみる、を繰り返して下さい。
2、負荷でバックルが外れるまで、調整を繰り返して下さい。
  削りすぎた場合は、写真の赤丸部分の角度が元に戻るように削ります。
3、完成です。
  猫に首輪をはめて、バックルがちゃんと外れるか確認して下さい。

参考写真

首輪
初めからバックルが外れるタイプを買えば、必要のない小細工ですね。

自分で作ろう目次に戻る

Copyright (c) misutan. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system